ワイヤレスタイプの呼び出しベル

ワイヤレスタイプの呼び出しベル 呼び出しベルというと飲食店などで店員さんを呼び出すときに使う手動のものが思い浮かぶかもしれませんが、現在はその用途が広がるにつれてワイヤレスの呼び出しベルが登場し、多くの人に使われています。
用途としては家庭でのドアホンとして使ったり、ファミリーレストランや居酒屋での店員の呼び出し、介護現場での緊急時における呼び出しといった具合に身近に浸透してきています。
何が便利なのかというと、まず設置が簡単であることと工事をする必要がないため、設置後にすぐに使うことができる点が挙げられます。
次に電波の飛距離が長いものが多く障害物があっても使用できる点が挙げられます。もし2階建ての建物であった場合、1階と2階にそれぞれ受信機と送信機を置いて使用することもできます。
受信機と送信機の数も調整可能です。例えば飲食店での使用であれば受信機1つで送信機が複数、家庭で玄関チャイムまたは介護の呼び出しとして使用していた場合は受信機が複数で送信機が1つの方が便利です。
ワイヤレスタイプの呼び出しベルは手動にはない利点があり、上手く使うことで生活をする上で欠かせないものとなります。

プラグインタイプの呼び出しベル

プラグインタイプの呼び出しベルは主に送信機側には電池を入れ、受信機側はコンセントに挿すだけで使用することができる上に、ワイヤレスであるため工事の必要が無く、設置が完了したらすぐに使用することができます。
送信機側から信号が送られると音が鳴ったり、照明が点灯したりするものから、その両方を兼ね備えたものなど種類も豊富にあります。
このことから来客用のベルとしてや体が不自由な方の緊急呼び出し用、各部屋間であったりお店や事務所や病院での呼び出し用であったりと幅の広い用途で使用が可能となっています。
送信機側が防水加工を施してあるものも存在しており、そういったものはバスルームや洗面所へ設置することもできます。受信機と送信機の増設も可能で上記の用途に合った数を揃えることでさらに便利になります。
また、凝ったものでは呼び出し音が何種類か用意してあり、それぞれ音の時間の長さに違いがあるものもあります。
以上のような特徴があり、プラグインタイプの呼び出しベルは電池交換の手間が無いので楽に使うことができます。