呼び出しベルの音は迷惑にならないように

呼び出しベルの音は迷惑にならないように レストランや居酒屋などの飲食店で呼び出しベルを設置しているところも多いはずです。
お客さんの立場から言うと、音の種類や音量にも気を使ってほしいはずです。せっかくの盛り上がっている話の邪魔になるような音の種類や音量だと、うるさいなと感じる方もいらっしゃいます。
種類は、呼び出しベルに設定されている中から選択ということになりますが、やはり一般的なピンポーンがいいのではないでしょうか。
鳥のさえずりなども設定されているところも多いですが、特に夜の雰囲気には合わないと感じるお客さんもいらっしゃいます。ボリュームの大きさにも気を付けた方が良いです。
お客さんの会話を遮るようなボリュームでは、さすがに居心地がよくないでしょう。居酒屋店では、結構な頻度でなるはずなので、そのたびにボリュームが大きいと迷惑となります。
逆に、ボリュームをオフにしているとこもありますが、それも良くないです。
お客さんがボタンを押して反応したかどうか分からないからです。適度なボリュームに設定しましょう。

オフィスに必ず置きたい呼び出しベル

"呼び出しベルは接客業だけの備品ではありません。
一般的なデスクワークを中心とする民間企業のオフィス、個人経営の事務所にも必需品となります。
なぜなら、接客業ほどではありませんが、民間企業のオフィスにも来客が訪れるためです。入り口付近で永遠と待たされていては、せっかく訪問してくれたクライアントやユーザーを待たせるだけになります。
呼び出しベルがなくても、訪問した人々が声や音を出せばオフィスのスタッフが気づくだろうと、ついつい考えがちですが、BGMが流れていたり、機械の動作音、空調やエアコンの稼働音などで、案外人の声は隣の部屋にさえ届かない恐れがあります。
呼び出しベルなら、金属またはチャイム音ですので、直感的にスタッフの誰かが必ず気づきます。
着メロとは違い、呼び出しベルの音色は独特ですので、スタッフが誰かの携帯電話やパソコンの音だろうと、勘違いして訪問者をスルーしてしまう恐れもありません。
設置と購入に掛かる費用も安く、オフィスには必ず置いておきたい備品と言えます。