呼び出しベルの買い替えのタイミング

呼び出しベルの買い替えのタイミング 呼び出しベルの買い替えのタイミングは、主に2つあります。
1つ目は、ベルの故障時です。
電池やコンセント等、呼び出しベルの電源部分に問題がない場合、ベル本体若しくは配線が壊れている可能性が有ります。
機械知識があればテスターにて原因が判明できますが、そうでない場合は修理するか買い替えが必要です。
2つ目は、電池が切れた時です。
製品によって異なりますが、主な呼び出しベルの電池交換時期は2年前後です。
乾電池の場合はストックを用意してすぐ交換できますが、リチウムバッテリーの場合はメーカーへ問い合わせる必要があります。
交換してそのまま使い続けることもできますし、べルを買い替えるのもよいでしょう。
最近は、耐久性やコストパフォーマンスに優れた呼び出しベルが数多く販売されています。
特にインターネット上には多くの店があり、値段や性能も様々です。
上記タイミングの際、他のベルをチェックしてみてはいかがでしょうか。

呼び出しベルの故障の判断方法

呼び出しベルは、家庭内で大変役に立つ物ですが、故障してしまったら逆に不便というよりも危険と言える状態になる事もあります。
一種の電気製品ですので、絶対に壊れないとは言えないのです。
壊れたのかなと思った時には、いくつかの判断方法があります。
最初に行う事は、電池の交換です。
受信機の電源が普通のコンセントを使っている物であっても、送信機側のボタンには電池が内蔵されている物があり、電池の消耗で呼び出し音が鳴らなくなる事が一番多い原因の一つです。
受信機も電池仕様の場合には、受信機、送信機の両方の電池を変えて確かめて見る事が良いのです。
次は送信機側のボタンの故障が考えられるので、複数の送信機がある場合には、同じ場所から送信機のボタンを一つずつ押して確かめます。
一つの送信機ボタンだけが壊れている場合は、他の送信機からは呼び出し音が出るのです。
受信機が壊れている場合は、どの送信機のボタンを押しても呼び出し音が出ないのです。
送信機が故障した場合は、壊れている送信機だけを買い替えるだけで済みますので、呼び出しベル全体を買い替える事をしなくても済みます。