介護の場でも呼び出しベルが重宝されています

介護の場でも呼び出しベルが重宝されています 呼び出しベルというと、忙しいビジネスマンが上司に呼ばれるときに用いられるというイメージですが、介護の現場でも呼び出しベルはよく使用されています。
ベルを使用するのは、利用者の皆さんです。
認知症がない利用者さんの多くは体が不自由で、トイレに行きたくても行けない、かけている布団が重い、逆に布団がかかっていなくて寒い、お腹が空いたなど、いろいろな訴えをもっています。
しかし、介護職員の数は限られているので、利用者さんのそばに職員さんがいることはまれです。
そのようなときに、呼び出しベルは大活躍します。
ベルを押すだけで、職員さんは手助けが必要なことが分かり、すぐに駆けつけることができます。
ベルであれば、失語症の方でも使用できますし、力が弱いお年寄りや声の小さい方でも容易に職員を呼び出すことができるというメリットもあります。
介護の現場において、呼び出しベルはとても重要なアイテムであることは間違いありません。

呼び出しベルを導入することで削減できるコスト

居酒屋などの飲食店で、それぞれの机に呼び出しベルを設置すれば、お客様側の呼び出しにすぐ反応をすることができます。
特に店内が混雑をしていると、お客様の呼び出しに気付かないときもあるので、お客様側からしても用事を言いやすい環境を作ることができます。
さらに、呼び出しベルを設置することによって、人件費としてのコストを削減することにもつなげることができます。
注文するお客様がいないか、用事があるお客様はいないかを、店員は定期的に店内をまわる必要がありますが、それを呼び出しベルを設置することで、最小限に減らすことができます。
そのため、今までは10人雇っていたところを、呼び出しベルを設置することによって8人に削減しながらも、お客様にとっては満足のいくサービスを維持することが可能です。
人件費は実は飲食店などを経営する上で、大きな負担になる部分ですが、そのコストを削減することによって、サービスを維持しながら利益を増やすことに繋がります。